猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫の病気 猫の雑学

オッドアイの猫の特徴や危険性について

更新日:

スポンサーリンク

左右で目の色が違う”オッドアイ

 

その神秘的な見た目はさることながら、

遺伝的な危険性についてもご紹介いたします。

 

猫,オッドアイ,遺伝,危険,短命

 

オッドアイとは,猫,生活,情報,

オッドアイとは左右の眼で虹彩の色が異なるか、

一方の瞳の虹彩の一部が変色する形質のことを示します。

バイアイ(bi-eye、片青眼)やオッドアイ (odd-eyes) も

虹彩異色を表す言葉として使われることがあり、特に動物に対して使われる事が多いです。

 

発症割合としても、人よりも犬や猫に発症する場合が多いです。

 

日本では、黄色(銅の色)と青色の虹彩を持つ猫を金目銀目と呼んでおり、

”カオマニー (白い宝石の意味)”の名で呼ばれ、

特に「ダイヤモンドの瞳」と称されていました。

オッドアイ,猫,白猫,色素,聴覚異常

 

オッドアイのリスク,猫,生活,情報,遺伝

実はオッドアイの猫には

聴覚異常が発現しやすい体質である事が分かっています。

更にこれはオッドアイだけではなく、白毛+青い瞳の猫にも多く見られるのです。

 

 

■遺伝子が関係している

これにはメラノサイトと呼ばれる毛の色素の細胞が大きく関係しています。

白毛の遺伝子にはこのメラノサイトを欠乏させる働きがあり、

これが目に作用すると青い目の猫になるのです。

この時に片方の目にだけ作用することで虹彩異色”オッドアイ”になるのです。

 

そして厄介な事にこの白毛の遺伝子は耳の中のコルチ器官という

聴覚の器官にまで影響を及ぼす事があるのです。

※コルチ器官はメラノサイトと同じ細胞から分化されるので、影響を受けてしまう。

 

ただし、まだまだ実証されていない分野で、

この白毛の遺伝子以外にも聴覚に影響を及ぼしている可能性があるので、

今後の研究に期待したいですね。

-猫の病気, 猫の雑学
-, , ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2020 AllRights Reserved.