猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

ブログ 猫について 猫の雑学

ミルクボランティア|幼齢の子猫・子犬のお世話ボランティア

更新日:

スポンサーリンク

先日、動物取扱業の研修があり、近くの会場で研修を受けてきました。

そこで、今まで知らなかったのですがミルクボランティアなるものの存在を知りました。この政策の内容を知り、少しでもお力になれればと思いましたので、今回はそのミルクボランティアについてご紹介しようと思います。

ミルクボランティア

 

ミルクボランティアとは

ミルクボランティアというのは動物愛護センターに収容された哺乳が必要な子犬・子猫を自宅で預かっていただき、離乳するまで育てるボランティア制度の事です。

離乳後は、各センターへ育てた子犬や子猫を返却し、センターから新しい飼い主に譲渡するというシステムで成り立っています。

これはまだ全国のすべてのセンターが実施しているものではなく、順次拡大されているものなので、まだそこまで知名度がありません。

 

ミルクボランティアを募集する背景

近年、全国のセンターや市が努力した結果、犬と猫の殺処分の頭数は徐々に減少してきています。しかし、実はここにはまだ解決すべき問題点があったのです。

まずは、下記のグラフをごらんください。

福岡市の犬、猫の殺処分頭数

これは福岡市の殺処分の頭数を表すグラフですが、犬に比べて猫の頭数が異常に高いです。軽く10倍はあるでしょうか。

これには理由があり、家の近くに子猫が生まれたからなどの理由でセンターに持ち込まれる子猫の頭数がかなりの頭数に上からなのです。これには犬に比べ猫の繁殖能力が高い事から起こっています。

しかも、成猫であればそこまで苦労することはないのですが、子猫、それも離乳が出来ていない場合の子猫はセンターでの管理が非常に難しいのです。

それこそ、数時間おきのミルクやりや排泄を促してあげたりと、とにかく人手が必要。しかも、すでに弱っている状態で運び込まれた子猫は自然死してしまうケースも非常に多いのだとか。

 

そんな状況で、問題を解決するために考案されたのが、このミルクボランティアなのです。

 

 

ミルクボランティア登録の基準

ミルクボランティアの登録には基準が設けられているので、ここでは福岡市の基準をご紹介いたします。

・動物を飼育できる住居であること

・室内飼育を行うこと

・終日お世話ができること

・留守番の室温管理ができること

 

もし、犬を飼っているご家庭の場合は上記に加え

・狂犬病予防法に基づく犬の登録を行っていること

・狂犬病予防注射を毎年接種していること

・不妊・去勢手術を行っていること

・混合ワクチン接種を接種していること

・外部寄生中(ノミ・ダニ)駆除を行っていること

・内部寄生虫(消化管の寄生虫)がいないこと

 

すでに先住猫がいるご家庭の場合は、

・室内飼育をしていること

・混合ワクチン接種していること

・猫エイズ・白血病が陰性であること

・不妊・去勢手術が済んでいること

・外部寄生中(ノミ・ダニ)駆除を行っていること

・内部寄生虫(消化管の寄生虫)がいないこと

 

以上になります。

 

ちなみに福岡市では福岡市獣医師会及び夜間動物病院の協力のもと、体調不良時の治療を無料で実施できる態勢を整えております。

もし、ご興味がございましたら、各市役所や動物管理センターへお問い合わせください^ ^

-ブログ, 猫について, 猫の雑学
-,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2019 AllRights Reserved.