猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫について 猫の雑学 猫を飼う前に

子猫の里親募集している団体や自治体にはどんな種類があるのかご紹介!

投稿日:

スポンサーリンク

子猫の里親募集を行っている記事は前回ご紹介いたしましたので、本日は里親募集を行っている団体や自治体についてご紹介しようと思います。

前回の記事をご覧になっていない方はこちらからお読みいただけます^ ^

 

 

子猫の里親募集している団体・組合の種類

子猫の里親募集,センターや保健所,譲渡会

子猫の里親募集している団体・組合はサイト上でのやり取りもありますが、基本的には譲渡会や管理猫舎へ見学に来てもらうという形態をとっている事が多いです。

また、しっかりした組織が子猫の里親募集を行っている事がほとんどなので、サイトでの里親よりも病気の検査やワクチン接種などの管理はしっかりしている所がほとんどです。

 

それでは、各組織をご紹介いたします。

 

各都道府県の動物愛護センター

センターの名称には動物愛護センター、動物管理センター、保健所などなど様々なものがあり、猫に限らず犬などの動物も収容しています。

 

ここでは、色々な理由から子猫を収容します。

家の近くで生まれた子猫をセンターに持ち込まれたり、センター職員が市民の通報で回収に向かったり、たまたま巡回時に捨て猫を見つけて収容したり、最悪なケースとしては飼育放棄した飼い主がセンターに持ち込んだりと言った理由などです。

保健所に持ち込まれた子猫の里親募集,譲渡

センターからの譲渡の場合は、サイトを利用した里親の条件にある成長を連絡で報告すると言った手間がなく、検査などもしっかり行った子猫のみ募集しているので、かなり安心して子猫を迎える事ができます。

また、各自治体が実施している去勢避妊手術の助成金の案内なども聞けるので、個人的には一番オススメしたい里親制度です。

ちなみにミルクボランティアなる制度も存在しているので、気になる方は是非チェックしてみて下さい^ ^

→ 子猫のミルクボランティアとは

 

各自治体の譲渡会

NPO法人やボランティア団体が子猫の里親募集を譲渡会や事務所などで行う制度もございます。

様々な組織が存在しているため、子猫の譲渡に関する条件や費用などは各組織によって様々ですが、基本的にワクチンや検査などを行っている場合は、最低限それらの費用のみで譲渡が可能担っている事が多いですね^ ^

 

子猫の譲渡に関する まとめ

子猫を無料で譲渡できる里親制度

飼い主が居なくて困っている子猫に、無償で可愛い家族を増やせる家庭とで利害関係が一致しているこの里親制度ですが、良い事だらけという訳ではございません。

中にはこの制度を利用して、無償で受け取った子猫を虐待して殺してしまう残忍な人間もいるのが現状なのです。

その他にも、子猫が大きくなって可愛いコロコロ感が無くなって飽きたから捨ててしまったりする心無い飼い主が存在する事もあります。

 

なので、もし譲渡の際に細かな確認事項のチェックなどがあるかも知れませんが、お互いに必要な作業でございますので、是非面倒臭がらずに真剣に向き合っていただければと思います^ ^

 

-猫について, 猫の雑学, 猫を飼う前に
-, ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2019 AllRights Reserved.