猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫を飼う前に

捨て猫を拾ったら初めにすべき手順と準備|初めての子猫入門

投稿日:

スポンサーリンク

道端や近所にダンボールに入れられ捨てられた子猫を拾って保護し、その子猫を飼って育てようと思った方へ。

まず最初に何を行って、何を準備すれば良いのか迷ってしまわないように手順と準備すべきものをご紹介しようと思います。

もし、このような状況になっている方がいらっしゃいましたら、どうぞこの記事を参考にしてみて下さい^ ^

 

 

 初めて子猫を拾った時の手順

初めて子猫を拾った時の準備と手続き

初めて子猫を拾ったという事は、期間の長短はあるものの屋外に出ている状態の子猫を拾う訳ですので、ペットショップやブリーダー、知人から子猫を譲り受ける場合とは異なる手順で子猫を迎える必要もいくつかありますので、各項目をご紹介いたします。

 

動物病院での検査

捨てられている子猫なので、病気や寄生虫の検査必須になるでしょう。

子猫を捨てた理由が、厄介な病気にかかっていた為に捨てられたという理由も考えられますし、いざご自宅で飼育されるのであれば、ノミやダニの検査なども必須になるので、多少費用がかかったとしても動物病院での検査は必須になるでしょう。

 

動物愛護センターへ確認

子猫の届け出は必要か

猫は犬と違って、市役所へ飼育の届出を出す必要はありませんが、もしかしたら何かの手違いで飼い主さんがその子猫を探している可能性があるので、迷子の通報が来ていないかの確認をしておきましょう。

 

子猫の飼育に必要な道具の準備

子猫の年齢によって準備するものは変わって来ます。

ただ、離乳が済んでいない場合がほとんどですので、授乳用の哺乳瓶とミルクは必須になるでしょう。

あとは、トイレの準備も必要になってくるので、トイレと猫砂を準備しましょう。

カリカリなどは、猫の成長具合を見ながら、徐々に準備していけば良いので子猫を拾った直近で必要なものは以上の2つで大丈夫でしょう。

あとは子猫が落ち着ける空間をダンボールで一時的に用意できますし、タオルなどで臨時のベッドを用意すれば数日は大丈夫でしょう。

 

子猫を拾った時の準備のまとめ

緊急で用意すべき物や手順は上記に記載した内容で、一見すると案外楽勝に見えるのですが、そもそも子猫を拾う前に2つの事を確認して欲しいと考えております。

・子猫を飼える環境であるか(猫可の物件かどうか)

・子猫の一生を共に生きていけるか

どちらか片方でも欠けてしまった場合は、猫を飼う事で必ず不具合が生じ、結果的にまた子猫が路頭に迷う事になるのでその点だけは事前に確認しておき、捨てられた子猫を救ってあげて頂ければと思います^ ^

-猫を飼う前に
-,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2019 AllRights Reserved.