猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫について

猫がお風呂に怖がらず平気にさせる方法

更新日:

スポンサーリンク

”猫のお風呂”と聞くと、大変な作業であり、かなりの重労働なイメージを持たれるかもしれませんが、実はある方法を行うことによって、お風呂が劇的に楽になりゆったりとお風呂を楽しむ事が出来るのです。
ここでは、その方法をご紹介いたします。

[ad#ads1]

タイミング

この方法を実践するには、何と言ってもタイミングが重要です。

そのタイミングというのは、

・子猫であること(生後4ヶ月までがベスト)

・夏か冬がベスト(猫が暑さや寒さにストレスを感じる日)

この方法は猫に水への恐怖心をなくすために、慣れさせるという事がメインになりますので、まだ水への恐怖心が少なく、なおかつ環境に対して順応しやすい子猫のうちに行う必要があるのです。

 

具体的な方法(手順)

方法としては、非常に簡単です。

一番初めは、「水=怖い」という印象を与えないように、水遊びのように足だけ水に浸けるようにします。その際に、飼い主さんが楽しそうに話しかける事が意外と子猫の安心感に繋がります。

ここでの注意点は、無理に拘束するのではなく、風呂場の戸を締め切って自由に動けるようにしてあげる事が重要です。

お風呂好きの猫次のステップとしては、軽く体に水を掛けてあげると良いでしょう。水をすくって優しく猫の体にかけてあげましょう。

これが出来れば、今度はシャワーを直接かけるステップに移りますが、その際にシャワーの出力が最大だと、音が大きく猫が怖がってしまう可能性があるので、少し緩めに出すようにすることがコツです。

また、シャワーの音を最大限小さくするために、できる限り猫の体に近い位置からシャワーを当てるようにしましょう。
もし、シャワーヘッド自体を怖がっている場合は、水が出ていない状態で怖い物ではないという事を認識してもらうために、匂いなどの確認をさせてあげましょう。

 

猫から水への恐怖心をなくす最終ステップ

ここまで来れば、あとはこれを繰り返すのみです。基本的に猫にはお風呂自体そこまで必要ないのですが、子猫のうちは水への恐怖心をなくすために頻繁にお風呂タイムを設けるようにすれば、恐怖心は少なくなります。

ただ、毎回本格的なお風呂にしてしまうと大変ですので(特に長毛種は)、お尻だけ洗ってあげたり、足元が汚れたので、水遊び程度に足の裏を水に浸けてあげると、飼い主様の負担も減らす事ができるでしょう。

 

 番外編 

YouTubeなどの動画サイトで見かける猫が湯船に浸かっているような風景ですが、タイミングとこれまでの水に対する認識次第ではどの猫でも同じようにする事が可能です。

水に対する恐怖心がないという事は必須になりますが、これに必要な事はあくまで猫が心地よく思える環境を作ることにあります。

猫も人間と同じで、暑い日は水風呂に入りたいと思い、寒い日は暖かい湯船に浸かりたいと思うのです。多くの猫の場合、それが入浴によって得られることを知らないだけなのです。

なので、暑い日には冷たい水に浸かると気持ちいいと認識させること、
寒い日には暖かいお湯に浸かると体が温まるという事を理解させることが重要になります。
(現在、暑い日には我が家の子猫も水遊びがてら慣れさせています)

ただし、この方法を実践した場合、可愛いデメリットが発生する可能性があります。

それは、飼い主さんがお風呂に入っている時に侵入しようとしてくる事です^ ^

一緒に入れてあげる際には、シャンプーなどを間違って飲んでしまわないように注意できれば良いですね!

[ad#ads2]

-猫について
-, , , , , , , ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2020 AllRights Reserved.