猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫について

猫のお留守番に関する注意点

更新日:

スポンサーリンク

猫はお留守番が得意なので、準備さえしっかりすれば2〜3日の外泊も可能です。

ここでは、その際の注意点を幾つかご紹介します。

 

基本中の基本、戸締り,猫,留守番

まずは基本中の基本、玄関・窓の戸締りです。

もちろん防犯のためでもありますが、

前足の器用な猫は鍵がかかっていない戸や窓を簡単に開けてしまうのです。

 

基本的に猫は初めて行く場所に対して非常に警戒するのですが、

たまたま鳥や虫が居て運悪く事故にあったり、家に入れなくなる危険があるので、

戸締りはしっかり行いましょう。

 

 

餌,水,留守番,猫

次に餌と水の準備です。

餌は日数分を準備するだけなのですが、水については注意が必要です。

なぜなら、水をこぼしてしまって水分補給が出来なくなるアクシデントがあるからです。

 

普段、水が入っている容器をこぼしたりしない猫だったとしても、

一人での留守番となると普段と違う行動に出る事がありますので、

十分注意するようにしましょう。

 

対応策としては、

・水の入っている容器を複数箇所に設置する

・蛇口からほんの少しだけ水が出ている状態にしておく

・自動給水器を利用する

 

また、神経質な猫はトイレが汚れていると

排便を我慢してしまうことがあるので、

簡易用トイレなどを設置し、トイレ数も増やしておきましょう。

 

室温管理,猫,留守番

夏や冬場のお留守番で注意したいのが、この室温管理です。

特に夏場は風通しを良くすることも出来ないので、

アクシデントが重なると最悪の場合、命の危険性もあります。

 

対応策としては、冬場は暖かい毛布に潜れるようにし、

微弱の暖房を入れておくようにしましょう。

(ストーブは火事の危険があるので、控えましょう)

 

夏場は水分を多めに設置し、風呂場の戸を開けておきましょう。

(風呂場や洗面台は比較的冷えていて、避暑地として活用できる。)

また、冷房を微弱に設定し、水道の蛇口から少量の水が出ている状態にしましょう。

 

 

ペットシッター,ペットホテル,猫,留守番

犬を飼っているご家庭が旅行に行かれる時には

ペットホテルやペットシッターを利用することがあるかと思いますが、

猫の場合は、それらは最終手段として考えるべきでしょう。

 

なぜなら、猫は環境の変化を非常に嫌います。

見知らぬペットホテルで近くから犬の鳴き声や他の猫の匂いの中にいると

自宅で一人でお留守番をするよりも大きなストレスを感じるのです。

 

もし、人懐っこい猫であればペットシッターは可能でしょう。

 

どうしても心配な場合は、

ウェブカメラを部屋に置き外出先で確認するようにも出来ます。

これなら餌がなくなった場合のみ知人友人にお願いして

餌や水の補充をしてもらうことが可能です。

-猫について
-, , , , ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2020 AllRights Reserved.