猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫の雑学

猫のお風呂 ~引っ掻かれないために~

更新日:

スポンサーリンク

お風呂は猫と一緒に生活する上で、一番苦戦する所ではないかと思います。

そこで、ここでは猫のお風呂に関する情報をご紹介いたします。

猫,風呂,暮らし,情報

 

お風呂,装備

まずは猫をお風呂に入れる際の基本的な装備をご紹介します。

・手袋(爪が通りにくく、ある程度指先が動かせれるタイプ)

・厚手の長袖

・シャンプー

・猫用シャンプー

・バスタオル

 

猫は基本的に水に濡れることを嫌いますので、

お風呂で体を洗われる事に全力で抵抗するでしょう。

 

なので、素手や半袖でシャンプーをすると

腕が傷だらけになってしまう危険があるので、

上記にあるよう、爪が通りにくくある程度指を動かせる手袋と

厚めの長袖を着てお風呂をした方が良いでしょう。

 

また、バスタオルを取ろうと少しでも猫から離れると

一瞬で走り去って、家中水滴だらけになってしまいますので、

バスタオルは出来るだけ近くに置いておくようにしましょう。

ペット用品.COM

 

 

猫,シャンプー,手順

STEP1. 37度ほどのシャワーで全身をすすぐ

まずは、全身をくまなくシャワーですすぎましょう。

この時、顔にかからないよう、耳の中に水が入らないように注意です。

 

ポイントとしては、シャワーの音が極力小さくなるように

水流を弱くしたり、体にシャワーヘッドを近づけて刺激を抑えましょう。

 

 

STEP2. シャンプー

まずは猫の体に適量のシャンプーを直接つけてください。

その後、首元から順にマッサージするような感じで洗ってください。

 

基本的に洗うときは上から下へ洗っていくようにしましょう。

 

 

STEP3. すすぎ

すすぎ作業もSTEP1と同様、顔や耳の中に水が入らない様に注意です。

そして、上から下へとすすいでいく様にしましょう。

 

すすぎ方は表面だけ流すのではなく、

地肌についているシャンプーも洗い流す必要があるので、

シャンプー時の様にマッサージする様に根元まで

しっかりシャワーの水が届く様にしましょう。

 

 

STEP4. 乾かし作業

すすぎ後、タオルドライに移ります。

この時、擦る様に拭くと猫が嫌がりますし、毛が傷む可能性があるので、

軽くタオルを押し当てて、吸水させる様にしましょう。

 

タオルドライが終わりましたら、次はドライヤードライに移ります。

ドライヤーの注意点としては基本的に人と同じで、

同じ箇所ばかりに当てていると高温になってしまう点と、

表面だけではなく、毛の根元にも風が通る様に当てていきましょう。

 

事前にドライヤーの音に慣れさせておくと、

この作業はシャンプーやタオルドライよりも楽にできるでしょう。

 

 

STEP5. ブラッシング

最後にブラッシングをして終了です。

猫ちゃんも飼い主さんもお疲れ様でした。

 

猫を飼う上で、ひょっとすると一番大変な作業になるかもしれませんが、

それだけに楽にお風呂が出来るようになれば

大変なお世話というものがなくなるので、ぜひマスターしたい所ですね^ ^

 

本日はここで失礼いたします。

ご訪問ありがとうございました。

-猫の雑学
-, , , , , , , , ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2020 AllRights Reserved.