猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫について 猫の雑学

猫のひげは超高性能センサー|猫のひげを抜いたり切ったりダメな理由

投稿日:

スポンサーリンク

猫の特徴の一つとして、あの長いひげが上げられると思います。

実はあの猫のひげ、かなりの高性能な機能を搭載したハイテクセンサーなのです。

本日は、そんな猫のセンサーにあたるひげを抜いたり切ったりしてはイケナイ理由をご紹介しましょう!

 

 

猫のひげを切ったり抜いてはダメな理由

猫のひげを切るのはNG

すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、猫のひげは単なる飾りではないのです。

それどころか、かなりの神経がひげの根元に集中しており、猫の生活の様々な場面でその効力を発揮しているのです。

猫のひげの根元は液体の袋に浸かっている状態になっており、その液体が通常の神経よりも些細な刺激を感知できるようになっているのです。

なので、猫のひげを切ったり抜いたりしてしまうと、単純に猫の生活がかなり不便になり、下手をすると猫が怪我をしてしまう可能性だって出てきてしまうのです。

 

では、実際にひげが担っている役割をそれぞれ挙げてみましょう。

 

ひげで空間把握

まず、猫のひげは空間把握能力をもっています。

健康な猫の場合、ひげを伸ばした状態では顔や胴体部分よりも広範囲に広がるため、狭い場所に潜り込む際に挟まったり途中でつっかえてしまわない様に、事前にひげで空間の広さを測っているのです。

 

暗所での狩り際の歩行補助

暗闇での猫のひげの役割

以前ご紹介した様に(こちら)、猫の目は人の何倍もの集光能力を持っており、暗闇でも行動する事ができます。

とはいえ、暗すぎる空間では多少なりとも慎重に動く様になります。

その際に役立つのが今回の主役の猫のひげです。

特に暗がりでの狩りや遊びの最中には、ひげの補助無しには集中できないでしょう。

獲物を捕らえ、目を離さずに移動する猫にとって、足元などは全く視界に入っていない状態です。

なので、姿勢を低くし、ひげが地面すれすれ又は少し着く様にして、障害物に足を取られない様にしているのです。

 

大事な目を守る危険察知センサー

実は猫のひげの神経は、反射弓により瞼(まぶた)と繋がっているのです。

そのため、飛来物などが目に当たる直前にひげの神経が反応、瞼を瞬間的に閉じる事で目を守る役割を果たしているのです。

 

食事にも役立つ猫のひげ

猫の食事の際のひげの働き

意外と知られていないのが、食事中にひげで餌の位置を把握しているというものです。

とは言っても補助的な役割ではあります。

 

猫が食事をする際、餌を口に運ぶ寸前で猫の視界から餌を見れなくなってしまいます。

もちろん、近くまでに餌を目で認識して距離や位置を把握しますが、最後の最後で餌の場所は視界から消えてしまいます。

その時にひげセンサーで正確に餌の位置を捕らえ、そのまま口でお出迎えするのです。

 

猫のひげ まとめ

猫のひげには様々な役割を果たしていることを紹介しましたが、そのほとんどは飼い猫に対して命を脅かす様なものではありません

が、だからと言って、ひげが無くなると生活に不自由が生じる場面が多くなることは事実なので、彼らのひげは大切に扱ってあげて下さい^ ^

 

ちなみにウチの猫チョビは優しくひげを手入れしてあげると、即爆睡です(笑)

 

-猫について, 猫の雑学
-,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2019 AllRights Reserved.