猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫について 猫の雑学

猫のトイレが臭くて臭くてたまらない!そんな時の対処法をご紹介

投稿日:

スポンサーリンク

猫は犬と違ってトイレのしつけがほぼ無用である事から、トイレ関係の問題はほぼ皆無と言っていいでしょう。

しかし、実はそんな猫のトイレ事情にもある問題があったのです。

それは、”匂い”に関する問題であります。

そこで、本日は猫のトイレ周りの匂いについてご紹介いたします。

猫のトイレの匂い問題

 

猫の排泄物は意外に臭う!

排泄といえば、まず初めに臭いというイメージがくると思いますが、猫の排泄物も同様にそこそこのレベルの匂いを放ちます。

更に、全体的に軟便気味の猫が多いので、水気の多い排便は更に強い匂いを放ちます。唯一の救いは猫は排便の後にトイレ砂をかけて蓋をしてくれるので、多少は緩和されます。

とはいえ、それでも完全に匂いを封じ込める事は不可能でしょう。

そして、厄介なのがオシッコです。

これはトイレ砂に染み込むので、オシッコが少しでも染み込んだ部分が残っていると時間経過と共に悪臭へと変化しますので、トイレ後の砂かけが激しい子の場合は、排尿が染みた砂が拡散してしまうので、全体的に砂を変える必要性があるのです。

 

猫のトイレの匂い対策

前述でご紹介したように、猫のトイレは自然と臭くなってしまうものですので、ここからは部屋が臭くならないようにする対策方法をご紹介いたします。

 

1.こまめな清掃

まず初めにご紹介する方法は、基礎中の基礎ですが排便をしたらすぐに片付ける、排尿は1日に最低1回は周りの砂を取り除き、必要であればトイレ砂を追加する事です。

これが出来ていない場合は、下手をすると猫が汚いトイレを嫌い、他の場所で用を足す事もあるので定期的に清掃する事を心がけましょう。

 

2.トイレ砂を消臭タイプに変える

現在、猫のトイレの砂には様々なタイプの物が販売されています。そして消臭を売りにするものも数多く販売されております。その中には1〜2週間は臭わないと謳っているものもある程、消臭力の強い物があるので、こういったトイレ砂を使用するのも手の一つです。

ただし、注意点としましてはトイレの砂にこだわりがある猫の場合、砂を変えた事によりトイレをしなくなる可能性があるので、消臭砂の導入直後は今まで使用していた砂と混ぜて使い、徐々に比率を変えていくようにしましょう。

 

3.消臭スプレーを使用する

これは排尿時にオシッコの染み込んだ砂を除去しきれない場合にお勧めします。

ただし、大便や尿が大量にかかった猫砂にかけるような事はせずに、あくまでその後処理として使用するようにしましょう。

 

※注意点※

消臭系の方法をご紹介しましたが、ここで注意点をひとつ。

私が実際に体験した失敗なのですが、猫のトイレを購入した時にオマケで付いてきた緑茶成分を含んだ匂い玉をトイレ砂に混ぜた事があるのですが、この匂い玉自体の匂いが強すぎて猫がトイレに寄り付かないようになってしまったのです。

なので、もしトイレの匂いにお悩みの方は”消臭対策”はしても、”別の匂いでごまかす”方法は更なる悲劇を生みますので、ご注意ください^ ^

-猫について, 猫の雑学
-, ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2020 AllRights Reserved.