猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫について 猫の病気

猫のワクチン接種|時期や条件について

投稿日:

スポンサーリンク

猫も生き物なので、人間と同じように体調を崩したり、病気になることがあります。

そこで、細菌やウイルスから猫を守るためのワクチンに関する情報をこちらで紹介いたします。

[ad#ads1]

 

そもそもワクチンとは

人間にも共通ですが、細菌やウイルスなどの抗原が体内に入ると、

免疫システムによってこれを排除しようとします。

 

この時にその細菌やウイルスの抗原が記憶されて抗体が生成されるので、

2度目以降に細菌やウイルスが侵入した場合、早く強い対処できるのです。

 

ワクチンはこの獲得免疫を利用した感染防護の方法なのです。

しかし、ワクチンで100%予防できるわけではありません。

その猫が持つ免疫力によって違いますが、

ワクチン接種により症状が出るのを抑えるもので、

症状を軽くし、命を落とすことが防げるというものなのです。

 

 

ワクチン,タイミング

まず第一に子猫にはワクチンは必須です。

子猫の頃は抵抗力がまだまだ弱い状態ですので、

この時期に大きな病気にかかってしまうと最悪命を落とすことも考えられます。

 

ただし、ワクチンには副作用もあるので、生後間もない時期に接種すると

反対に体に負担がかかってしまうので、多くの場合は生後2か月前後に接種するのです。

 

成猫になった後は健康な状態であれば、いつでもワクチン摂取できます。

 

一回目のワクチンが完了しましたら、その1ヶ月後に再度接種し、そこからは年に一回ずつの予防接種で大丈夫です。

生後2か月前後 初回ワクチン接種
生後3か月前後  2回目ワクチン接種 
その後1〜3年ごとに  都度、ワクチン接種

 

 

ワクチン,必要,室内飼い,猫

必要です。

まず、子猫をブリーダーさんから迎えるとなると

確実に一旦外気に触れることにります。

 

また、猫が外に出ることはなくても人間が家と外に出入りしますので、

服や体にウイルスや細菌が付いている事があります。

 

なので、完全に外気との接触を防ぐことは不可能で、

ワクチンの接種が必要にります。

 

 

猫,ワクチン,種類

ワクチンには3種や5種、7種など様々ありますが、

一般的に人気なのが3種ワクチンです。

 

これは、数ある感染症の中でも特に、

・猫ウイルス性鼻気管炎

・猫カリシウイルス感染症

・猫汎白血球減少症に対するコアワクチンが含まれています。

 

5種はこれにプラスして

・猫クラミジア感染症

・猫白血病ウイルス感染症に対してのワクチンがプラスされたものです。

 

 

猫,ワクチン,接種,注意点

前述した通り、ワクチンには少なからず副作用が出ます。

なので、接種前にしっかりと猫の様子や便の状態など、

普段以上に目を配るようにしましょう。

 

また、ワクチン接種後の様子を観察できるように

午前中に行うのが理想的でしょう。

ワクチンは病気から猫を守ってくれる便利なものですが、

その反面、タイミングによっては猫の負担になりかねないので、

適正な判断ができるようになれば心強いですね。

[ad#ads2]

-猫について, 猫の病気
-, , , , , , ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2020 AllRights Reserved.