猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫について 猫の病気

猫の夏バテの症状|こんな仕草をする時は要注意

投稿日:

スポンサーリンク

本格的に暑くなってくるこの季節、ネコにとっては一番注意しないといけない時期となります。

時には命に関わる事態に陥る夏バテの季節です。

今回の内容は、特に一人暮らしで猫を飼われている方は必見です。

 

[ad#ads1]

 

猫の夏バテとはどのようなもの?

猛暑日の中、気分が悪くなったり、食欲が沸かなかったり、時には頭痛や吐き気を催す夏バテですが、これは人間だけに起こる現象ではありません。

むしろ、全身毛に覆われた猫では更に強烈なものになるでしょう。

しかも、人の場合は食欲がなくても体力をつけるために無理してでも食べようと行動しますが、猫の場合は理論ではなく、気分で動くので夏バテが悪化する可能性が高いです。

一度、夏バテで負の連鎖が始まると、獣医さんにかかる必要も出てくるので、初期症状を見逃さないように注意深く観察する必要があります。

 

猫の夏バテの症状一覧

・食欲がない

猫の夏バテの症状一覧一番顕著に症状として出るのがこの”食欲がなくなる”事でしょう。

多少であれば問題はありませんが、ひどい場合は体力低下につながりますので、様子を見て対処しましょう。

 

・嘔吐する

夏バテにより普段吐かない猫でも連続して嘔吐するる場合は、夏バテによる嘔吐の可能性が高いです。

判断基準としては、吐瀉物の色が黄色〜黄緑色の場合、胆汁が混じっている状態ですので、この色の嘔吐を繰り返す場合はスマホで吐瀉物を撮影し、かかりつけの獣医に見てもらった方が良いでしょう。

 

・下痢であったり、オシッコが少ない

この症状も猛暑日によく見られる症状です。

この症状が出るという事は、体内の水分量が少なくなってる証拠です。空調で室温を調整している場合はそこまで危険ではありませんが、そうでない場合は、猫自身が脱水症状により体温を下げれなくなっているので、水分を取らせるようにしましょう。

 

・舌を出したままハァハァしている

これは猫が体温を下げるために行う行動で、暑さに耐えかねて行っています。

ただし、この行動自体にも体力を消耗し、筋肉の運動により体温上昇に繋がりますので、猫の体を少しずつ冷やす必要があります。

(急激に冷やすと、かえって体調を崩す可能性があるので注意が必要。)

猫が口呼吸をする時

 

命の危険性も・・・  

ここまで夏バテの症状をご紹介してきましたが、これらは案外侮れない症状なのです。

特に留守にしがちな家の猫が、空調の故障により締め切られた部屋で熱中症により死んでしまったという話を聞いた事があります。この部屋には水も設置していたそうですが、猫が走って容器をひっくり返した形跡があったそうです。

この季節では、たった数時間でも急激に室温が上がる可能性がありますので、不幸に見舞われないようしっかりと対策したいところですね。

 

夏バテ対策のお話はこちらから→準備中

[ad#ads2]

-猫について, 猫の病気
-, , , , , ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2020 AllRights Reserved.