猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫について 猫を飼う前に

猫の放し飼いの危険性|命もお金も削られるリスク

投稿日:

スポンサーリンク

猫の放し飼いには賛否両論あります。

家の中だけでの生活では、活動できる範囲が狭く可哀想だという意見もあれば、

近隣住民の迷惑になったり、事故や病気などの危険もある事から室内飼いを推奨する意見もあります。

考え方は人それぞれですが、ここでは現実に放し飼いに潜む危険性についてご紹介します。

猫,放し飼い,危険

 

放し飼いのリスクとは

放し飼いは広い空間で自由気ままに行動できる事から、猫にとって最適な空間かと思われるかもしれませんが、実はそこには様々なリスクがあったのです。

しかも、猫自身も家の外に出た瞬間にストレスを大きく受けるという事実が実験で明らかになっていたのです。

それでは、放し飼いによる猫と飼い主さんが受け得るリスクをご紹介しましょう。

 

交通事故

もっとも心配すべき点はこの交通事故や怪我にあるでしょう。

猫は日が沈む頃に活発に行動を開始します。そしてその時間帯は車やバイク、自転車のライトが点灯を始める時間でもあるため、もともと視力が悪い猫はほとんど周りが見えなくなってしますのです。

なので、車のヘッドライトを認識できても、光っていない部分の車体には全く気付かずにそのままぶつかってしまう事があるのです。

 

 

他の猫とのケンカ・怪我

外にはもちろんの事、野良猫も徘徊しています。そして、野良猫は家猫以上に縄張り争いを行うので、何も知らずに彼らのテリトリーに入ると野生のルールを身を以て教え込まれるでしょう。

ひどい場合は、失明したり耳をちぎられたりもするので、本当に注意が必要です。

 

妊娠

飼っている猫がメス猫で、避妊手術を受けておらず、なおかつ発情期を迎えている場合は高確率で妊娠して帰ってきます。

そうなると、一気に大家族になるので、単純に飼育費×猫数の費用が必要になりますので、それ相応の覚悟が必要です。

 

帰ってこない

放し飼いをされている猫に意外に多いことなのですが、保健所に連れて行かれたり、野良猫よりも綺麗な事から家に持ち帰って飼ってしまわれるケースもございます。

保健所はマイクロチップをつけることで解決しますが、一般家庭に連れて行かれた場合は、発見が遅れるもしくは一生分からないままの可能性があります。

 

病気やダニを持って帰る

外には室内にはない様々な病気が存在しています。またダニなどを持ち帰ってくるリスクも大いにある事から、帰宅時にはそのまま家に入れずに綺麗に洗ってあげる手間が必要です。

 

放し飼いの猫は実は短命

猫も人間と同じで、外は家よりも危険が多いという事を知っています。

なので、実は猫が外にいるときは常にストレスを感じているのです。海外での実験では室内飼いの猫に比べ、放し飼いの猫のストレス値は高い数値を示しており、大きな怪我や病気をしなかった放し飼いの猫の寿命は室内飼いの猫よりも短いという結果が出ているのです。

なので、猫が常に外を眺めているからといって外に出たがっているという訳でなはない事をご理解いただければと思います。

-猫について, 猫を飼う前に
-, ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2020 AllRights Reserved.