猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫について 猫の雑学

猫の目はどのように見えているのか|猫の視覚についての豆知識

投稿日:

スポンサーリンク

夜行性で真っ暗闇の中でもスイスイと動き、獲物を捕らえる猫ですが、彼らの目は一体どのように見えているのでしょうか。

それに加え、本日は猫の目の仕組みつについてもご紹介いたします。

猫の目の仕組み,見え方,色の識別

 

猫の目はハンター仕様

実は猫の目は人の目で認識できる光量の1/7の光だけでも、周囲の風景を見る事が出来るのです。

これは、猫の目の中にあるタペタムという反射板が影響しており、目から入ってきた光を網膜に反射させる働きがあります。この反射した光が網膜に刺激を与えることで、光量を2倍にする事ができ、暗い空間でも鮮明に周囲を見る事が出来るのです。

 

また、これに加え、猫の目は顔に対しての比率が他の哺乳類に比べ非常に大きいサイズであります。

もちろんこれも夜でも行動できる要因の一つでございます。

この要因はいたってシンプルで、目の表面積を広くする事で光を目で受光する量を増やしているのです。

 

 

逆に昼間は超眩しい!

上記のような暗闇にも対応出来る目を持っているので、普段とりわけ晴れの日のお昼頃は猫にとってかなり眩しい時間帯なのです。

普通に考えれば、それはそうなりますよね^ ^

 

そこで、猫が取る方法ですが、猫の目の瞳が縦に細長く伸びる現象を見た事がないでしょうか?

あれは瞳の瞳孔を絞り、入射する光量を抑える働きがあるのです。

目の瞳孔

 

さらに極め付けは、瞳孔の収縮でも眩しい場合は、人間と同様に瞼(まぶた)を細めることで単純に光が入らないようにするのです^ ^

 

眩しい時の仕草は実はカワイイ

このように、猫の目は昼夜を問わず、視力を発揮することが来るのです。

 

が、やはり夜行性の為か、どちらかというと夜の方が得意なようで、昼になると途端にまぶしそうな仕草を行います^ ^
そこで、本日の最後に、まぶしさのあまりカワイイ仕草をしてしまっている猫ちゃん達をご紹介しましょう。

 

ごめん寝

猫のごめん寝

これは眠たいけど、眩しくて眠れない時に取る行動で、その土下座のような外見から”ごめん寝”と名付けられた寝方です^ ^

-猫について, 猫の雑学
-,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2019 AllRights Reserved.