猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫について 猫の雑学

猫の超強力な聴覚のヒミツ|耳の構造と音の聞こえ方

投稿日:

スポンサーリンク

「猫の身体的機能で優れている点は?」という問いに対して、世間一般ではどのような回答が得られるでしょうか?

犬といえば、その異常に発達した嗅覚が挙げられますが、猫の場合は聴覚の機能が際立って高いのです。

そこで、本日はこの猫の隠れた武器である超強力な聴覚についてご紹介いたします。

 

 

猫の身体機能でも優れた能力を持つ聴覚

猫の聴覚は人間より優れている

猫の身体で他の動物よりも優れている点は、以前の記事で紹介したように夜目が効くという集光能力でありますが、それだけではなく聴覚にもかなり秀でた生き物なのです。

猫は元来、森や林に生息しており獲物を捕らえるために視覚と聴覚が発達したのです。

よくビニール袋や紙袋のカサカサ音に過敏に反応するのは、このハンター時代の名残なのです。

 

ちなみに、人間が感知できる音は20~20,000ヘルツに対し、猫の場合は25~75,000ヘルツと高音の可聴域が人間の約7〜8倍あるのです。

ですが、意外なことに猫の音源の位置特定能力は人間よりも劣っており、獲物のおおまかな位置を確認し、後は視力で動きを捕らえる事で位置特定能力の低さを補っているのです。

 

猫の聴力が発達する成長過程

猫,音,判断,認識,識別

大体の察しがつくかもしれませんが、猫は生まれた直後からこのような優れた聴覚の力を発揮する訳ではございません。

生まれたばかりの頃はせいぜい200〜6,000Hz程しか認識できないので、呼んだり物音をさせてもほぼ反応なしでしょう。

その後、生後半月程度で音を判断できる程度になり、呼びかけや物音の鳴る方へと探検に出るようになります^ ^

そして、生後1ヶ月ほどで音が声なのか、兄弟なのか、はたまた親の呼ぶ声なのかを認識することが出来るようになります。この時期になると、威嚇の声なのか甘える声なのかの判断も付くようになるので、子猫の仕草にも感情が見て取れるようになるでしょう。

 

猫は高い声の人を好み、低い声の人間を嫌う

こちらの記事で猫と仲良くなる方法をご紹介しておりましたが、今回はこの内容にプラスして猫により好かれる方法をおまけ情報としてご紹介します^ ^

それは出来る限り高い声で話しかけるという方法です。

 

前述してある通り、猫は低い音よりも高い音を聞き取ることに長けており、人間の声の音域で高い声は猫にとって丁度いい音階に位置するんです。

 

反対に、低い声は猫にとって聞き取りにくくなる音階で、さらに大型の肉食獣(外敵)を連想させる事があるので、初対面の時に低い声で話しかけるとかなりの確率で怖がられるでしょう(汗)

-猫について, 猫の雑学
-, ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2019 AllRights Reserved.