猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫の病気

突然子猫が血尿を出したら!?疑わしい病状と対処法一覧

更新日:

スポンサーリンク

家族の一員である子猫が突然血尿を出した!

何て事態になるとご家族は気が気でないことでしょう。

子猫が血尿を出す理由は幾つかあり、その理由によりその後の対処法が変わってきますので、一覧でご紹介いたします。

 

[ad#ads1]

 

そもそも子猫の血尿とは?

ひとえに血尿とは言いますが、実はこの血尿にも2種類ございます。

・血尿
これは読んで字のごとく、尿に血が滲んでいる状態のもので、膀胱や腎臓に異常をきたしている場合であったり、強い衝撃を受けて物理的に出血が発生している際に起こるものです。

・血色素尿
血尿とは違い、溶血を起こしている状態のもので、猫が貧血気味になる傾向にあるものです。

 

子猫の血尿の症状と原因、対処法一覧

症状 原因 対処法
・環境の変化や来客があった
・トイレの失敗が多い
・隠部を頻繁に舐める
ストレスによる
突発性膀胱炎
通常は安静にして、リラックスできる環境を用意するだけで、
血尿は収まりますが、ストレスの原因がその後も継続し、
なおかつ猫がそれに順応できない場合は
原因との接触を減らす処置が必要です。
 ・排尿が苦しそう
・お腹を触ると痛がる。
・一度の排尿の量が少ない。
・まれに尿が白っぽくなる。
感染症による
膀胱炎
 病院で細菌の特定・治療が必須。

自宅では、トイレや室内を清潔に保つ事と十分に水分摂取をさせる事。

・排尿時に痛そうに鳴く
・トイレの頻度が少ない
・一回の排尿が少量
尿路結石  自然治癒は難しく、猫が排尿を我慢する事で
別の病気になり兼ねないので、早めに動物病院にて処置が必要。
・人間の食べ物を摂取した
・玉葱、ネギ類をかじった
・嘔吐も見られる
・排尿はスムーズで適量
溶血
(タマネギ中毒)
 血中内の赤血球が壊れる溶血が起きています。
ネギ類を摂取した量が極少量であれば自然治癒も可能ですが、
大量に摂取している場合は命の危険もあるので、
すぐさま動物病院での処置が必要になります。

 

猫の血尿には早急な対応が必要

健康,病気,怪我,ケガ,ネコとの生活情報館,ネコ,ねこ,猫,同棲,生活,情報,かわいい,サイト,疑問,不安,Royal Cat Club,Royal ccいずれにせよ、子猫は体力も免疫力も成猫に比べてまだまだ充分ではないので、血尿が発覚した際には早急に原因を特定し、必要であれば動物病院で獣医にかかる必要があるでしょう。

ですが、可能であれば、子猫が血尿で辛い思いをしないよに、日頃から環境を整えて病院に行く必要性がないようにしておきたいですね。

 
[ad#ads2]

-猫の病気
-, ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2020 AllRights Reserved.