猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫の雑学

要注意!猫が食べらないNG特集

更新日:

スポンサーリンク

猫が愛おしくて、食べ物をおねだりされたら、何でもあげちゃいたいという気持ちは良ぉ〜く分かります。
ですが、その食べ物は本当に猫にあげても大丈夫ですか?
ここでは、意外と知られていない猫にとって毒となる食べ物を紹介いたします。

猫,人間,食べ物,NG

人間が食べる食べ物は猫に限らず、ペット全般にとって

健康を害する危険性があります。

 

これらは動物の消化器官と人間の消化器官の違いもありますし、

生きていく上で必要な栄養素のバランスも違うので、

いくら猫が欲しがったとしても人間の食べ物を与えないようにしましょう。

なぜなら、それは猫に毒を与えているのと同義なのです。

 

 

猫,魚,毒,ダメ

実はあまり知られてはいませんが、猫にとって魚は毒なのです!!

 

もちろん、一口食べたからといって即死という訳ではございません。

ですが、魚を食べ続けると猫が病気になってしまうのです。

 

例えば、タコ・イカ・貝類・淡水魚には

チアミナーゼという酵素が含まれており、

摂取するとビタミンB1欠乏症になり、

嘔吐、食欲不振、痙攣、神経障害を引き起こす可能性がございます。

 

また、青魚に含まれている不飽和脂肪酸を摂取すると

体内の脂肪が酸化され、黄色脂肪症になり、

皮下脂肪が炎症を起こしてしまいます。

 

他にも、煮干しにはマグネシウムが多く含まれていますので、

結石になりやすくなってしまいます。

 

 

猫,観葉植物,NG,毒

こちらも認知度が低いのですが、

猫は観葉植物をかじったり食べると中毒を起こす危険があるのです!

実際、家に置いてある観葉植物をおもちゃにして口にしてしまって、

お医者さんのお世話になるご家庭があるのです。

 

とはいえ、全ての観葉植物が危険という訳ではありません。

そこで、家に置いても大丈夫な観葉植物をご紹介します。

 

猫,観葉植物

●猫草(えん麦)(危険度:弱)

まずは観葉植物ではなく猫草(えん麦)。

 

常に猫が食べても良い猫草を置いておくことで、

他の観葉植物を食べるのを防ぐ効果があります。

 

猫が葉を食べる大きな理由は、

吐いておなかの中をスッキリさせるためなので、

猫草が常にあればわざわざ食べにくい他の観葉植物をかじる理由は少なくなります。

 

育った状態のものが花屋さんなどで売られていますが、

自分で育てる栽培キットが各社から販売されています。

 

 

●パキラ(危険度:弱)

中南米原産の植物パキラ。

 

育てやすく、テーブルサイズから2メートル近くのものまで

様々なサイズがあるので部屋に合わせやすく人気の観葉植物です。

 

毒性もほぼなく猫にとっても安全です。

 

唯一、種子にジャガイモの新芽と同様の毒性があります。

(通常販売されている状態であれば問題ないかと思います。)

 

 

●モンステラ(危険度:中)

南国っぽいエキゾチックな雰囲気で人気のモンステラ。

 

丈夫で比較的育てやすいのも人気のポイントです。

 

ただ完全無害ではなく、

葉と茎に「蓚酸カルシウム」という成分が含まれていて、

その汁に触れると皮膚のかぶれや粘膜の炎症といった症状が出ます。

(とろろ芋が肌に触れた時の痒み、痛みと同様の症状。)

 

猫がかじると口腔内の灼熱感などの中毒症状が出る場合があります。

ただし葉が大きいので「口に入れるもの」と認識されない事も多いです。

一応様子を見てから設置しましょう。

 

 

●ガジュマル(危険度:弱)

熱帯地方、日本では沖縄県などに自生しているガジュマル。

 

「多幸の木」とも呼ばれます。

(似た呼び名で「幸せの木」と呼ばれるドラセナには強い毒性があるので注意。)

 

熱帯の植物の中では比較的寒さにも強く育てやすいです。

 

猫にとって毒性はないですが、

小ぶりなサイズのものはイタズラされないように置き場所に注意しましょう。

 

猫,観葉植物2

 

●サンセベリア(危険度:弱)

アフリカ原産のサンセベリア。

 

肉厚の葉の部分だけが地上に出ている種類です。

 

乾燥地方の多肉植物なので乾燥に強く、

水不足で葉がしおれることはあっても枯れにくいので育てやすいです。

 

猫にとっても無害ですが、先の尖った葉の形状は

猫が本能的にかじりたくなる形なので、

小ぶりなサイズのものだとイタズラでかじられるかもしれません。

 

サイズ、置き場所に注意しましょう。

 

 

●エバーフレッシュ(危険度:弱)

中南米、東南アジア原産の熱帯植物エバーフレッシュ。

 

細かく繊細な葉がスタイリッシュで人気の植物です。

昼間は葉を広げ、夜になると葉を閉じるという性質を持っています。

 

寒さには弱いですが比較的育てやすく、

サイズも大小様々あるので部屋に設置しやすいです。

 

猫にとっても毒性はなく安全ですが、

細かい葉の形状は猫がじゃれたくなるかもしれません。

その場合は置き場所に注意しましょう。

 

 

●アレカヤシ(危険度:弱)

熱帯雨林原産の植物アレカヤシ。

 

ボリュームが有り存在感があります。

寒さには弱いですが日向に設置すればそれほど飼育は難しくありません。

 

猫にとって毒性はありませんが、

先の細い葉の形状は猫が本能的にかじりたくなる形なので、

イタズラでかじられるかもしれません。

 

置き場所に注意しましょう。

 

 

●シュロチク(危険度:弱)

定番人気の観葉植物であるシュロチクは

和風やアジアンテイストのインテリアにもよく合います。

 

寒さにも比較的強く育てやすいです。

 

猫にとって毒性はありませんが、

こちらもアレカヤシ同様に猫が本能的にかじりたくなる葉の形なので

置き場所に注意が必要かもしれません。

 

 

●ストレリチア(危険度:中)

南アフリカ原産のストレリチア。

 

中〜大型の観葉植物でストレリチア・オーガスタや

ストレリチア・レギネなどの種類があります。

葉が大きく迫力があり、また丈夫で飼育も簡単なので人気の植物です。

 

ただし葉や茎に毒性があり、猫が食べてしまうと

嘔吐、下痢、腹痛などの中毒症状を起こす場合があります。

 

ただ葉は大きく、茎も太く硬いので、

猫に「口に入れるもの」と認識されることは少ないかと思います。

 

 

ここで、一覧をご紹介しましたが、

観葉植物に対する安全性を100%にするには

やはり、「設置しない」という事が一番ですね^ ^

 

インンテリアトしてお気に入りの植物を置きたいという場合は

造花などを用いるのも一つの手かもしれませんね。

-猫の雑学
-, , , ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2020 AllRights Reserved.