猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫アレルギーを抑える方法

猫を飼う前に

猫アレルギーの対処法(症状を抑える)緩和策で苦しい毎日から解放宣言!

投稿日:

スポンサーリンク

猫アレルギーを持っている方からすると、その症状はかなり辛いものです。

しかも、猫アレルギーを完治(克服)させる事は出来ないと来たもんです。

そこで、本日は克服は出来ずとも症状を抑える対処法をご紹介いたします。

 

アレルゲンの少ない環境作り

部屋掃除で猫アレルギーを抑える

まずは、猫アレルギーの原因となるアレルゲン物質を減らす方法をご紹介いたします。

猫のブラッシング

猫アレルギーの原因であるアレルゲン物質ですが、主に抜け毛フケに付着している事が多いです。
※アレルゲン物質の出所は主に唾液

なので、1日に1回程猫のブラッシングを行い、アレルゲン物質が部屋中に飛散しない様にしましょう。

なお、ブラッシング中も意外と飛散しますので、マスク着用で行う事をオススメします。

 

お風呂や体拭き

次にご紹介する方法は、猫の体(被毛)についているアレルゲン物質を取り除く方法です。

これは単純に猫をお風呂に入れてあげるだけでOKです^ ^

ただ、基本的に猫は水に濡れる事を嫌いますし、飼い主様も頻繁に猫をお風呂に入れるのは苦労するでしょう(長毛種は特に)。

それに、猫の皮膚は案外デリケートなので、頻繁にお風呂に入れると皮膚にダメージが蓄積され、皮膚炎などになってしまう可能性もあります。

なので、そういった場合は、ペット用のウエットティッシュなどで体を拭いてあげましょう。

※通常の人間用のウエットシートでは、匂いがキツかったり舐めては駄目な場合があるので、専用のものを使用しましょう。

 

部屋の掃除

床や机などにアレルゲン物質が付着している状態ですと、いくら猫ちゃんのアレルゲンを除去したところで意味がありません

なので、部屋の中だけではなく、衣服やベッドなど考えうる場所は徹底的に掃除する様にしましょう。

 

換気や空気清浄機を活用

掃除を行なって、パッと見は綺麗になっていたとしても、目に見えない所すなわち空気中に飛散しているものです。

これは、掃除機で頑張れば頑張るほど空気中に飛散してしまうので、掃除の際は窓を開放する事で換気し風通しが良い状態で行う様にしましょう。(猫の脱走に注意)

また、特に不都合がなければ、時間が許す限り空気の入れ替えを行うだけで劇的に改善されますので、ぜひ試してみて下さい。

仮に換気が難しいご家庭であっても、機械の力を借りる事で解決しますので、資金と場所に余裕があれば空気清浄機もオススメです。

 

 

症状を軽くする方法

体調管理で猫アレルギーを緩和する方法

次にご紹介する方法は住居環境を整えるのではなく、飼い主様ご自身の体調管理やアレルギー反応に手を加えて、症状を抑える方法です。

体調を整える

睡眠不足や体調不良、疲れている時などは猫アレルギーの症状が非常に強く現れます

普段、猫アレルギーの症状がほとんどない様な方でも、寝不足の時だけ猫アレルギーが発症する事もある位、重要な項目です。

(ちなみに、私がこのパターンで寝不足の日はアレルギー症状が出ます。)

なので、普段からしっかりと栄養をとって睡眠時間を確保する様に心がけましょう。

 

薬を服用する

アレルギー検査ができる病院であれば、大概猫アレルギーの症状を抑える処方箋(薬)を出してくれますので、服用することでアレルギーの症状を抑える事が出来ます。

ただし、定期的に購入する必要がありますので、上記で紹介している改善方法を全て実践しても効果が得られない場合のみ、この方法をオススメします。

※ただし、猫アレルギーとは別の原因である事も考えられますので、他の可能性でない事を確認した上で取り組む様にしましょう。

 

-猫を飼う前に
-,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2019 AllRights Reserved.