猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫の初期費用

猫を飼う前に

猫を購入する場所はペットショップだけではない!猫のブリーダーという選択肢

投稿日:

スポンサーリンク

ペットとして初めて猫を飼おうと思っている方が、購入する場所に考える場所は多くの場合ペットショップだと思われます。

ですが、まだまだ認知度は高くありませんが、猫のブリーダーという選択肢もある事をご存知でしょうか?

 

本日は、猫のブリーダーから猫を迎える事のメリットについてご紹介しようと思います。

 

 ブリーダーから猫を購入するメリット

猫のブリーダーから子猫を購入するメリットには、ペットショップからの購入にはない項目がいくつかありますので、一つ一つ説明しましょう!

 

子猫の性格(社会性など)が良い

ブリーダーの子猫は社会性を身につけている

ブリーダーに育てられた子猫の場合、親兄弟猫と一緒に育っている子猫なので、社会性がしっかりと身についた状態にあります。

ペットショップでは、この社会性が身につく期間は一人で過ごす事になるので、どうしても社会性を身につける事が出来ないのです。

※社会性:噛んだら痛いや親や主人という存在の認識が出来るかの部分

また、ブリーダーの場合、多くはご自宅で繁殖されている為、人間に慣れている子が多いので比較的人見知りしにくい子が多い印象です。

 

専門家に引っ越し後も相談できる

猫の専門家のブリーダーに無料で相談できる

猫によっても猫種の違いによって特徴や習性は様々です。

なので、子猫の購入後に何か困った事や疑問点ができた時に、ブリーダーから購入していれば電話やメールで相談する事が出来ます。

もちろん、ペットショップの店員さんでも一般的な猫に関する知識はあるので、対応する事ができるでしょうが、その猫種でその家で生まれた事であれば、専門家に相談した方が遥かに安心できるでしょう。

 

比較的値段が安い

猫を安く手に入れる方法

ペットショップの運営には人件費、店舗の家賃代、子猫の仕入れ代などが必要経費として必要になり、その分のコストを子猫の販売料金に上乗せして販売する事になります。

ですが、ブリーダーの場合これらのコストは不要である為、それだけ子猫の販売価格を上げる必要がないのです。

※ブリーダーを始める際の親猫の仕入れは必要。

※大型のキャッテリーを構えている場合は家賃発生の可能性あり。

 

まとめ

猫を購入できる場所

日本における猫の購入割合はまだまだペットショップからのご家庭が大半を占めていますので、安くてより安心できるブリーダーからの購入が普及すれば、双方にメリットを受ける事ができるかなと思います。

 

-猫を飼う前に
-,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2019 AllRights Reserved.