猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫の種類

シンガプーラの特徴、飼い方、性格や大きさなど

更新日:

スポンサーリンク

猫種の中でも、ひときわ小さい種類の”シンガプーラ”。
その小さな体と人懐っこい性格から今では人気がある猫種ですが、彼らにはあるシンデレラストーリーがあったのです。
シンガプーラの魅力や飼い方と合わせて、その歴史についてもご紹介いたします。

シンガプーラの基本情報

2匹のシンガプーラ

cat's data

 

 

【発生】シンガポールで自然発生

【祖先】不明

【体形】セミコピータイプ

【体重】2〜3.5kg

【毛種】短毛種

猫,飼い方,飼育法

 

 

【食事・運動・その他】

最小の品種なので、食事の与えすぎに注意。

好奇心が強い反面、神経が過敏な面もあるので、静かな環境で飼い、なるべく多品種とは同居させない。

【グルーミング】

1日1回のブラッシング、シャンプーは月に一回程度で十分です。

猫,サイズ,大きさ,成長

 

 

・1ヶ月・・・400g

・3ヶ月・・・1,200g

・6ヶ月・・・1,800〜3,000g

シンガプーラの歴史

赤いソファに座るシンガプーラ

マレー語でシンガポールを意味するシンガプーラ。

シンガポールの下町で生まれ、育ちました。

町の野良猫だったダークブラウンの小さな猫が世界的に知られるようになったのは、メドウ夫妻がシンガポールからアメリカに持ち帰った事がそもそもの始まり。

1970年代初頭のことでした。

そこからブリーディングプログラムが開始され、遺伝学者の意見を請いながら、慎重に迅速に進められました。

ナチュラルブリードのひとつとして有名になり、大部分の協会でも認められた今でも、子猫のようなその愛らしさは、愛好家たちを熱狂させています。

シンガプーラの見た目と性格

シンガプーラの子猫

小さな体にエネルギーがたっぷり詰まった元気な猫です。

活発で、好奇心旺盛。

人の方や高い棚に乗りたがるのは、周りで起こっている事の全てを見て、知っておきたいからなのです。

体は平均的な猫よりもコンパクトですが、筋肉質で健康です。

短い被毛にはティッキングが入り、軽やかな動きとともにキラキラと輝きます。

顔にはマスカララインや額のM字模様が、前脚の内側と、後脚の膝にはしま模様が入り、コートの微妙な色彩を強調しています。

明るくよく遊びますが、少々臆病な一面もあります。

小さな体から発せられる声は優しく穏やかなので、マンション飼いにぴったりです。

-猫の種類
-, , , ,

Copyright© 猫との生活情報館 , 2020 AllRights Reserved.