猫の専門家が提供する猫の種類、飼い方、しつけ、ワクチンや病気や豆知識をご紹介

猫との生活情報館

猫のトイレの特徴とメリット・デメリットと費用について

猫の雑学 猫を飼う前に

システムトイレV.S.ノーマルトイレ!各特徴やメリット・デメリット、費用など解説

投稿日:

スポンサーリンク

猫のトイレにはドーム型や箱型に加え、猫のオシッコが底からペットシーツに流れる設計になっているシステムトイレなども存在しております。

 

本日は、それぞれのトイレの特徴とメリットデメリットをご紹介しようと思います。

 

 猫のトイレの種類とその特性

それでは、まずは私が家で実際に使用しているシステムトイレについてご紹介しましょう!

猫のシステムトイレ

これは、前述しているように猫ちゃんの尿が猫砂の底に溜まらずに、そこの網目状を通過し用意してあるペットシーツに流れる仕組みになっているトイレです。

ドーム型・箱型の両方のタイプがあるので、置き場所やスペースによってお好みで選んでいただければと思います。

 

ちなみに私はドーム型を購入したのですが、実際にうちの猫がトイレをする際に狭くてウ○コを踏んでしまう事があたので、現在カバーは外しています^ ^;

 

システムトイレのメリット

何と言っても、大便と小便を分離できる点にあるでしょう!

通常のトイレの場合、オシッコが底に溜まってしまうと消費する猫砂の量が必然的に多くなり、

取り残しが多いと、そこから悪臭が発生する可能性があるので、そう言った問題点をこのシステムトイレが解消してくれるでしょう!

 

システムトイレのデメリット

システムトイレのデメリットとしては、トイレシーツの購入が必要になる点でしょう。

シーツの交換頻度は、普段の猫ちゃんの水分摂取量やオシッコの量にも左右されますが、慎重にシーツの交換をしないと溜まっているオシッコが溢れてしまい、大惨事になる可能性もあります。

↑ 経験済み!

猫のトイレの匂い問題

 

猫の箱型・ドーム型トイレ

このタイプのトイレは一般的なオーソドックスなタイプの物です。

 

ノーマルトイレのメリット

このタイプのメリットとしては、とにかくシンプルな事でしょう。

器用な方なら、猫の大便とオシッコで固まった猫砂を一度に同時に取り除く事が可能ですので、日々の清掃が簡単です。

加えて、システムトイレとは違い、継ぎ足して購入が必要なものは猫砂のみで済むのもメリットの一つでしょう^ ^

 

ノーマルトイレのデメリット

デメリットとしては、トイレの底にオシッコが溜まりやすい構造なので、オシッコの掛かった猫砂の交換が長期間できなかった場合、そこから悪臭が発生する事があります。

また、この構造の場合、厚めに猫砂を敷いていると底の方の尿を吸収した砂の掃除を見逃す危険があるので、多めに砂を捨てる事になります。

ですので、清潔に保つには少し多めに猫砂を消費しないといけないのです。

 

 まとめ 

猫のオススメのトイレ紹介

ペットシーツの購入とその交換が負担に感じなければ断然システムトイレを。

準備する物を猫砂だけに限定し、手間も少ない方が良ければノーマルトイレ

オススメします^ ^

 

-猫の雑学, 猫を飼う前に
-

Copyright© 猫との生活情報館 , 2019 AllRights Reserved.